OJ C62の発売時期の変更とOJ EF66発売遅れに対するお詫び

C62 2号機 ニセコ時代 白線入り(小樽築港機関区)
C62 3号機 ニセコ時代 (小樽築港機関区)
C62 23号機 常磐線ゆうづる牽引時代(平機関区)
2013年秋発売予定 本体価格690,000円
C62 15号機 ニセコ時代 (小樽築港機関区)
C62 16号機 呉線時代 (糸崎機関区)
C62 17号機 東海道本線 つばめ、はと牽引時代(名古屋機関区)
C62 18号機 東海道本線 つばめ、はと牽引時代(名古屋機関区)
2014年春発売予定 本体価格690,000円
各号機共ご予約残数は少量となりました。

お陰様を持ちましてOJ C62は当初の製作本数を上回るご注文を頂きメーカー共々感謝の念に絶えません。全く予想だに出来なかった故に製作のスケジュールを2回に分けて製作せざるをえない事となりました。一度に全量を製作するのではOJ C62の場合、メーカーのキャパシティ、さらに品質管理も大きな問題となります。まず2号機、3号機、23号機を発売させて頂き半年程遅れて16号機、17号機、18号機を発売致します。尚この2回目発売分には加えて最後に北海道へ渡り2号機、3号機との3重連でニセコ最終列車の本務機を務めた15号機を極少量8輌のみ製作する事と致しました。現在全タイプの図面が1年半を掛けて完了。当店にて徹底した細部チェックを行なっておりその修正が成った時点で直ぐに量産を開始致します。ゲージを越えてこれからのC62モデルの規範となるよう全力を傾注しております。

発売が遅れて大変ご迷惑をお掛けしておりますOJ EF66ですが10月後半には何とか発売出来る事となりました。申し訳ございませんが今少しお待ち下さいますようお願い致します。

OJ関係では11〜12月にカ3000、ツム1000が発売となりますが多くのお客様よりご要望を頂いております「当店の機関車や貨車と並べて同一レベル品質のワフを」と云う声にお応えして近い将来”ワフ”を製作する事と致します。C12、C56、更にはB6、DD51から次に製作するC11、D51に至る機関車や貨車と同じ最高品質レベルで揃えた編成美をお楽しみ頂けるようにしたいと考えております。